indexに戻ります!

初めて星を見る人に  空を見上げてみよう!

星を見る日と場所

星を見たいと思っても、天候や月齢・周りの状況によっては見ることが十分にできないことがあります。以下、私の経験から星を見る日程と場所について参考になればと思いコメントさせていただきます。

天気

もちろん晴れていなければ駄目です。曇りでも望遠鏡があれば見える…そんなことはありません。昔、冷却CCDで薄曇の日に写真をとったことはありますが、カメラで恒星がやっと見える程度です。もちろん肉眼では何も見えません。望遠鏡を通してかろうじて光の点が見える程度です。
もちろん天文台の望遠鏡も見えません。天気は晴れの日を狙うようにしましょう。

時間
季節によって大きく変わってきます。
星が見え始める時刻として、岡山県にある美星天文台がHPに載せている時刻は
冬(11月〜2月):18時〜19時ごろ
春(3月〜4月):19時〜20時ごろ
夏(5月〜8月):19時半〜20時ごろ
秋(9月〜10月):19時〜20時ごろ
です。岡山での時刻なので北海道・東北ではこれより約40〜50分、関東では30分ほど早く、九州・沖縄ではこれより20〜40分ほど遅くなります。(季節により変動があります)

場所
地平線が開けて明かりが全くなく、天の川がはっきり見えるようなところがあれば最高ですが、田舎ならいざ知らず都会の近郊でまずそれはないでしょう。
望遠鏡で星を見る場合、今のちょっとした望遠鏡の殆どは赤道儀がついているタイプなので北極星が見える北が開けていることは絶対条件ですね。(慣れてくれば他の星からも極軸は合わせられますが)
まず確認することとして、
1.町明かりの影響はどうか?
2.近くに光源(街灯・自動販売機・道路等)はないか?
3.トイレ等はあるか?
4.当該地を向いている道路はあるか?
この3つくらいを確認すればいいでしょう。ただし、これは実際に夜にやっておくことをお勧めします。同じ場所でも昼間と夜間では全く世界が違います。4.については、意外と思われたかもしれませんが、例えば私の経験上数キロ先の道路から来る車のヘッドライトでも観望の邪魔になることも間々ありました。自動販売機も明かりも意外と馬鹿になりません。昼間には気がつかなくても夜になると、「え、こんなところに街灯があったの?」ということもありました。

トイレは特に女性の人が気をつけることですが・・・あるに越したことはない・・・ということです。
ここまで整備されていれば、万々歳です。

あと、意外と経験しないと分からないのですが・・・
夜は夏でもそれなりに冷えます。必ず普段よりも1枚〜2枚余計に服を持参することをお勧めします。
秋〜冬には防寒服を持参してちょうどいいくらいです。
私は自宅に天文台(Stardome MOMO)を建設しましたが、秋〜冬はその中でも防寒服着用でちょうどいいくらいです。

結論として・・・

何を見たいのかによって、日を選ぶべし
(月と暗い天体を同時に見たいのなら上弦の半月まで、暗い天体だけなら新月付近がベスト)

季節によって星の見える時間は大幅にかわってくる

実際自分が見たい場所は、夜に確認せよ

服は必ず余計に準備せよ

初めて星を見る人に
星を見る日と場所 星空の目印 肉眼で星空を見る 双眼鏡で星空を見る 望遠鏡で星空を見る 便利な小道具
毎月の星空 月を見る 惑星を見る 星座を探す 星雲・星団を見る (番外編)太陽を見る 星空環境と光害
ふっくんの星空散歩